親バカ部 | ママ&パパの子育て掲示板



親バカ部ではキッズモデル情報・キッズファッション・幼児教育
子育てについての悩みなど皆さんが情報交換する場所です。








[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿 ]


[773] 遊び Name:らん Date:2017/10/04(水) 13:55 [ 返信 ]
もうすぐ生後4ヶ月になる子供がいます。最近起きている時間が長いので、色々遊んであげようと思っているのですが、このくらいの月齢の子供にはどんな遊びをしてあげるのが良いのでしょうか?いつも一緒の遊びでは飽きてしまったりしないのでしょうか?今は音楽に合わせて手足を動かしてあげたり、絵本を読んであげたりしています。

[1026] RE:遊び Name:ゆう Date:2017/12/12(火) 23:22
うちにも4か月の男の子がいます。
最近のお気に入りは高い高いです。声を出して笑うようになりました。
絵本も大好きで泣いていても絵本を見るとピタッと泣き止みます。構ってほしかったんだなーとよくわかります。
あとは音が出るおもちゃを顔の上で上下左右にゆっくり動かすととても目で追って楽しそうです。

[871] RE:遊び Name:NO NAME Date:2017/10/30(月) 02:26
うちも昼間のご機嫌な時間が長くなってきて、赤ちゃんが喜ぶ遊びを模索中です。
私も手遊び歌をよくしますが、YouTubeで検索すると色んな手遊び歌があってマンネリにならないのでよく使っています。
他には、ぬいぐるみを目の前で動かしてあげると手足をバタバタさせて喜んでいます。

[853] RE:遊び Name:attusdf Date:2017/10/28(土) 22:36
二児の父です。長女(6歳)、長男(4歳)の子育て中です。4か月は、可愛いですよね。今覚えているのは、本とか一緒に歌ったりする記憶はありませんが、よく小さいころから公園へよく連れって記憶があります。一番最初の公園デビューは、小さな滑り台に支えながら滑らした時、満面な笑みをしたことを鮮明に覚えています。

[824] RE:遊び Name:らんらん Date:2017/10/24(火) 21:44
1歳になったばかりの子どもがいます。
4ヶ月の頃、、、絵本を読んだり、いないなぃばぁをしたり、こちょこちょしたり、おもちゃで遊んでみたりをやっていました。反応があまりなかったり、1人で遊んでいるような気持ちになることもあったけど、今では絵本の特徴を言うと取ってきてくれたり、月齢の小さい時に遊んでいたことが今の遊びに繋がっているような気はしています!

[812] RE:遊び Name:ままーる Date:2017/10/22(日) 15:34
4ヶ月、可愛いですね。うちはもう大きくなりましたが、その頃が懐かしいです。
そのくらいの時期は、がらがらなどの玩具を目の前でゆっくり動かしてみたり、赤ちゃん用の絵本を読んであげたり。
とくに喜んでたのは、ティッシュペーパーを1枚、目の前から少し離してゆらゆらゆらし、ぱっと落とす‥ことでした。顔にかかって(もちろんすぐ取りますが)、よく笑っていました。おすすめです。意味はわからなくても、たくさん話しかけて、たくさん遊んであげてください。

[809] RE:遊び Name:みかん Date:2017/10/22(日) 02:39
育児雑誌に書いてあって実際にやったことがあるのですが、スキンシップしながら歌を歌うというのはいいらしいですよ。頭、肩、ひざ、ポンとか…色々あります。あとお散歩もお勧めです。公園で葉っぱや遊具を触らせてみたり、子供が遊んでるのを見せるのも赤ちゃんには刺激になっていいそうですよ。その時にママが「葉っぱが赤いね」とか「お兄ちゃんが遊んでるね」とか話しかけるのもいいようですよ。

[797] RE:遊び Name:SAKINA.11 Date:2017/10/15(日) 22:37
可愛い時ですね〜。
うちも4ヶ月頃はおもちゃの音に合わせて手足を動かしたり首がしっかり座っていれば縦抱っこをしたまま座って左右にゆっくり揺れたり、ベビーベッドで横になっている子の目線に合わせて私が隠れたり少し顔を出したり、と子供の反応を見ながら視力が上がってきているかを確認して遊んでいました。

[794] RE:遊び Name:楓 Date:2017/10/14(土) 09:28
4ヶ月ですか。表情も出てきてかわいい時ですね。

絵本も音楽もいいと思います。これから、寝返りをがんばる時期にもなるので、応援してあげてください。

お子さんが楽しそうに笑っていれば、何度でもやってあげてください。むしろママの方が飽きてしまう事のほうがありがちです。笑

うちの場合は、いないいないばーが大好きすぎて、ママがやらなくなると「あれ?もうやらないの?」と、だんだん笑顔が消えていくので、慌てていないいないばーを繰り返していたという、 今思えばほほえましい思い出があります。